· 

【Inventor】茨城県 製造メーカー様 講習実施事例

常磐線 JR石岡駅 茨城県

 

2月下旬2日間に渡り、茨城県の製造メーカー様にてInventor出張研修-基礎を実施いたしました。

 

◇Autodesk Inventor 基礎出張研修

https://www.cadcil.jp/curriculum/autodesk-inventor/kiso-business-trip/

 

同社は既に数年前にInventorを導入されていたとのことでしたが、

まだ個人レベルでの使用に留まっていました。

この度、本格的に運用を開始されるということで、弊社の出張研修をご依頼くださいました。

 

AutoCADと同様Inventor講習では、オートデスクトレーニングセンター公式テキストを使って講義を進めます。

「2Dスケッチ」からスタートし、「パーツモデリング」、「アセンブリモデリング」、

そして「図面の作成」まで簡単な形状を使って、一通りの流れを2日間(計12時間)かけて

操作していただきました。

 

勿論、たったそれだけですぐに業務で使える程、3DCADは簡単ではありません。

演習問題を実際に自分でこなしながら、モデリングのコツが何となくわかるようになっていきます。

 

また「作業平面」などはテキストには載っていなくても、実務では必須の機能です。

例題を解きながら、設定方法について解説を進めていきました。

Inventor 作業平面

製造系3DCADを使うにあたって重要な事は、設計変更のしやすさを意識することです。

単に「3D形状が完成すれば良い」ということでは、その後の運用がとても難しくなります。

 

設計者の意図をどのように3Dモデリングに反映させるべきかについても

アドバイスをさせていただきました。

 

ご受講いただきありがとうございました。

今後は次のステップとなる「応用編」も受講いただければと思います。