· 

【AutoCAD】オートデスク認定資格プログラム ユーザー試験対策講座 実施事例

大阪府 ニテコ図研 CADCIL オートデスク認定資格プログラム ユーザー試験対策講座

 

11下旬、AutoCAD ユーザー資格対策講座を実施いたしました。

 

 

AutoCAD 認定ユーザー資格対策講座

https://www.cadcil.jp/qualification/autodesk-certification/autocad-user/

AutoCAD 認定資格対策講座
お問合せ、お見積もりはこちら

 

 

 

受講者は、弊社にてAutoCADユーザー試験を受験予定の方です。

現在は営業職とのことですが、転職を予定されており、その為の資格取得を目的として受講されました。

AutoCADは独学で勉強されているそうです。 

  

 

受講者は、弊社にてAutoCADユーザー試験を受験いただくことができます。

CADCILは大阪で唯一、一般の方が受験いただける会社です(2020年12月現在。講座受講者のみ受験可能)。

 ◇ブログ【AutoCAD】オートデスク認定資格プログラム ユーザー試験 実施事例

 

 

まずは、ユーザー試験の概要と試験当日の流れを説明させていただきました。

次に、オートデスクトレーニングセンターの公式対策本を使って模擬試験を開始。

模擬試験用のデータを開いて、質問に回答していく形です。

 

 

本試験の試験時間は50分間、問題数は30問なので、1問あたり、平均100秒以内で答える必要があります。

そのため、単に正解を求めるだけではなく、かなりのスピードが求めれれます。

 

 

模擬試験中の受講者の操作画面は、講師が別モニターで常にチェックしており、

模擬試験終了後、効率の良い答えの導き方について解説。

無駄な操作について指摘し、短時間での回答方法を指導していきます。

 

 

実務ではほとんど使わない機能についても、問題に幾つか出ることがあります。

その場合は、受講者のレベルに応じて、後回しにすべき問題かどうかを説明しています。

 

 

普段、AutoCADを使って素早く図面を描いている方でも、使う機能は限られています。

本試験では「レイアウト」「単位設定」「ワードデータからの読み込み」等についても、出題される可能性があります。

模擬試験を通じて、それらの回答方法についても理解していただいております。

 

CADCIL オートデスク認定資格プログラム ユーザー試験対策講座 模擬試験問題

午後からは、別の模擬試験に取り組んでいただきました。

模擬試験課題はそのままお持ち帰りいただき、模擬試験で使用したCADデータはメールでお送りしておりますので、

何度でも復習が可能です。

 

 

この度はご受講いただき、ありがとうございました。

年明けの予定になるかと思いますが、弊社にて本試験の受験予約をお待ちしております。

 

 

 

本試験は受験対策講座同様予約制となっていますので、試験前には十分な時間をかけて注意事項等の説明をいたします。

また、CAD操作を表示する為の追加ディスプレィを接続しているので、問題画面と操作画面を切り替えるストレスはありません。

 

 

※CADCILが実施している個別講座および受験対策講座は、土日祝日にも対応しております。

本試験については、日曜・祝日を除くご希望の日に対応しています。

平日お勤めの方は土曜日に受験いただくことも可能です。

AutoCAD 認定資格対策講座
お問合せ、お見積もりはこちら